Culthouse diaspora

風が辿りつかない場所

神田:Spice Box

スパイス ボックス

食べログスパイス ボックス

最近はあまり夜勤明けに外食をすることはなくなったのだが、それでも無性に外で食べたくなることがある。そんな衝動に見舞われたとき、今の職場から神田、神保町、御茶ノ水、そして秋葉原は徒歩圏内にあり、食べる店には事欠かない。某漫画で秋葉原を指して「この街には“食欲”というものが欠乏している気がする」と書かれたのも今は昔であることよ。まあ、それも大体カレー屋かラーメン屋の二択になるんだけども。

神田界隈は都内でも屈指のラーメン激戦区であり、カレー激戦区でもある。最近思うが、東京23区でラーメン激戦区でない場所ってどこなのだろう?ターミナル駅は大体激戦区だ。あんまり激戦区に思えない場所でも隠れたラーメン激戦区と言われたりする。カレーはまだ差があるような気がするが、ラーメンはもうどこに行っても戦いが行われている気がしてならない。

さて置き。秋葉原はともかく、神田・神保町界隈はやはりオフィス街としての趣が強く、土日や祝日は営業していない店も結構多いのだ。諸事情で今日は神田駅界隈の店に絞って探してみるが、やっぱり土曜日はやっていない店が多い。そんな中で土曜日も営業しているカレーの人気店がこのSpice Boxだった。以前から店の前を通り過ぎることはあり、気になる店ではあったのだが、おしゃれな店構えに妙な抵抗感を感じて、微妙に敬遠していた店ではあったのだ。しかし改めて食べログの写真を見てみれば、実に美味しそうな写真が踊っているではないか。まあ、他の選択肢も今日は少ないので、意を決して店に入ってみるとする。

店を訪れたのは11時30分を過ぎた頃。昼時ではあるものの休日の神田なので先客は少ないかと思っていたが、既に2,3組の客がいて、俺が食べている間もひっきりなしに客が訪れていた。まあ流石は人気店である。様々な雑誌等でも取り上げられているようで、カレー屋というよりは瀟洒なカフェといった佇まいの店内には、紙面の切り抜き等も見られた。

感じの良い店員のお姉さんから昼時のランチメニューを渡され、各種のカレーセットに関する説明を受ける。一種類のカレーセットはサラダがついて900円、二種だと1400円、全種を味わえるミールスセットは1800円といった具合だ。カレーは数種から選ぶことができ、サラダも三種類から選ぶことが出来るらしい。金があれば迷うことなくミールスセットにいきたいところなのだが、給料日前につき一種のカレーセットで妥協、一番ポピュラーらしいチキンカレー(辛口)をチョイスする。サラダはケララチキンサラダにした。どうでもいいけどケララときららって一文字しか違わないな。本当にどうでもいいな。

待つこと数分、先にサラダが出てきた。

f:id:culthouse:20170826115149j:plain

写真の真ん中の茶色いのがケララチキンである。ドレッシングを絡めてレタスをパクつくが、ちゃんと作ったサラダであることが分かる。美味い。あんまり通ぶったことを書きたくはないんだけど、ちゃんとサラダが美味しい店は信用できる。そして野菜の上に乗ったケララチキンだが、これがとんでもなく美味い。スパイシーな味付けのスモークチキンがジューシーでたまらない。サラダだけで既に幸福感が高まっているところに、メインのカレーが運ばれてきた。

f:id:culthouse:20170826115528j:plain

まずはライスにかけずにそのままカレーを食べてみる。Spice Boxの屋号に恥じぬ、ちゃんとスパイスから作られていることが一瞬で分かる、さわやかだが鼻を刺激する強烈な香りと、ココナッツミルクの風味が後から効いてくる深い味わいとが織りなすカレー。はい、一発で降参です。超うめえ。ご飯と一緒に食べるとやっぱりちょうおいしい。無限に食えるぞこのカレー。特に大盛にしたわけではなかったが結構なボリュームがあり、食べ終わった頃には程よい満腹感があった。幸せはきっとカレーの形をしている。

ケララというのは南インドの地方らしいが、これまた良い店を見つけたと思う。次は給料のある時にビリヤニを食べに行きたい。